東山レイントンネル

東山動植物園の正門近く、丘陵地の麓にひっそりとある謎の入口…。

h-rain1.jpg

実はその地下深くに、巨大な雨水調整池、東山レイントンネルが横たわっています。

h-rain2.jpg

これは大雨であふれそうな街の雨水を一時的に貯めておき、雨がやんだら徐々に下水管に戻すための施設。

h-rain3.jpg
※イメージ断面図

直径約4メートルのトンネル状の調整池が延長640メートルのU字形に掘られており、約9000立方メートルの雨水を一時的に貯め、付近一帯を大雨の災害から守っています。

関連記事

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ