久屋大通公園北部の再整備案決まる・水盤や芝生広場で新景観

テレビ塔前の水のきらめきや、緑豊かな芝生で名古屋・栄の装いが様変わりする。
久屋大通公園北部の再整備・運営を担う民間事業者に選ばれた三井不動産(東京)を中心としたグループの案は、テレビ塔南側に全長百メートルの水盤を整備するのが特徴だ。
東京五輪が開かれる2020年7月ごろの完成を目指す。

整備対象は、外堀通-錦通の南北870メートル。
シンボルになる水盤はイベント時、水を抜いてスペースを作りだし、冬はスケートリンクにと、さまざまな顔を持たせる。
芝生など五広場は計一万平方メートルに及ぶ。

hisaya.png

一階建てが中心の北エリアは20年4月ごろ、二階建てが中心となるテレビ塔エリアは同7月ごろの完成を目指す。
市の担当者は事業費について「具体的な設計段階で明らかにする」として、現時点では公表していない。

同公園の整備を巡っては、市が昨年、商業施設を設けられるよう建ぺい率を緩和。
さらに、民間事業者が収益施設と公共部分を一体的に整備できる国の新制度「パークPFI」を、大規模公園では全国で初めて採り入れた。

≪ 中日新聞より ≫
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ