勝川崇彦寺の雲岳作大弘法を改めてチェックしてみる

崇彦寺の三尊像を観察した上で、改めて大弘法をチェックしてみると・・・

PC080887.jpg

金色一色でペイントされたその姿は、春日井・尾張旭の大弘法とは大きく相違しています。
体型もややずんぐりとして、その表情もやや平坦な感じ?

PC080894.jpg

でもこの笠を取って、全身をカラーでペイントしてみたなら・・・
結構、他の大弘法と似るのではないでしょうか。

PC080890.jpg

そして何より、この足の部分。
愛宕山の祥雲作大弘法と、非常に似ています。

PC080891.jpg

また台座部分の後ろから入れるようになっているのは、春日井駅前と全く同じ。

PC080877.jpg

ミニ弘法様がズラッと並んだ配置も、春日井駅前と同様。
中央に鎮座する弘法像は、祥雲作のような雰囲気を醸し出しています。

PC080878.jpg

三尊像と同じく、祥雲といくつかの共通点が見られる雲岳作の勝川大弘法。

PC080907.jpg

個人的には、祥雲・雲岳同一人説がかなり有力だと感じています。 

PC080911.jpg

関連記事

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ