中川運河に聳え立つ西洋の古城!松重閘門

中川運河と江川線が交差する場所にある、南北橋。

CIMG8882.jpg

この橋の両側には、高さ約20mの松重閘門があるのです。 

CIMG8879.jpg

昭和5年に完成されたというこの塔、まるでヨーロッパの古城のような雰囲気があります。

CIMG8874.jpg

東洋一の大運河といわれた中川運河は、名古屋港と当時の名古屋の貨物駅だった国鉄笹島駅を結んでいました。

CIMG8877.jpg

堀川とは水位が2メートルほど違うことから、造られたのが「松重閘門」。
船を閘門の内側に入れて、水量を調整して一方の川に移すパナマ運河方式だったようです。

CIMG8876.jpg

中川運河はピーク時の昭和42年には年間3万2000隻の船が通過、貨物量は約380万トンに達しました。
しかしその後は水運の役割は急速に減り、昭和51年閘門は46年間続いた役割を終えました。

CIMG8872_2015051015210496c.jpg

公共建築にしては装飾性と遊び心あふれるこの水門は引退後も保存、名古屋市の有形文化財に指定され、一部は公園として整備されています。 



関連記事

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ