旧名古屋銀行本店ビル

広小路通沿いでいつも気になる、立派な石張りの建物。
今は看板も何も出ていませんが・・・

旧名古屋銀行本店として1926(昭和元)年に建築され、昭和16年に名古屋銀行・愛知銀行・伊藤銀行の3つの銀行が合併し、東海銀行となりました。
昭和37年には中央信託銀行名古屋支店となり、その後三菱東京UFJ銀行貨幣資料館として公開されていましたが、資料館の移転により現在は空状態となっているようです。

kahei-s.jpg

4階分の巨大な6本のコリント式の列柱が特徴で、都市景観重要建築物に指定されています。

※2013.1.20 加筆


関連記事

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ