サルスベリ

街で見かけた、サルスベリの木。
「百日紅」と書いて「さるすべり」と読むようです。

saru1.jpg

原産地の中国では、次から次へと花を咲かせ、百日にもわたってどこかに花を咲かせているので「百日紅」と呼んだようです。

saru2.jpg

日本ではその幹がつるつるしているので、木登りの上手な猿でさえ登れないということで「さるすべり」と呼んだみたいですね。
確かに、幹はツルツルでした・・・ 
関連記事

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ