• 東海初!?津波災害警戒区域、愛知県で7月末指定予定
    不動産取引時の重要事項説明項目にもなっている、津波災害警戒区域。愛知県は、令和元年7月30日に愛知県内の26市町村において、津波災害警戒区域を指定する予定と発表しました。指定は東海3県では初めてで、指定される区域では、今後学校や病院ごとの避難計画を作ることなどが義務づけられます。津波災害警戒区域は、8年前の東日本大震災を教訓に、津波が発生した場合に備えて避難体制を特に整備する必要のある区域を、法律にも...
  • 栄・丸栄跡地に「食」の施設!?2020年末オープン予定
    医薬品メーカーの興和(名古屋市)は24日、昨年6月末に閉店した傘下の百貨店「丸栄」(名古屋・栄)の跡地に食をテーマにした商業施設をつくり、2020年末をめどにオープンすると発表した。興和は周辺の自社物件を含めた一体的な開発を目指しており、飲食店や食品販売店が入る3階建ての暫定施設となる。整備費は内装を含め50億円程度の見通し。同市内であった決算発表の場で三輪芳弘社長が説明し、「人が集まる栄の中心地...
  • 解体が進む丸栄の名残りを感じる!光り壁「木漏れ日」
    昨年6月でその幕を閉じた丸栄百貨店。現在は、解体工事の準備が進んでいるようでした。壁面のモザイク壁画は、無事保存されたのでしょうか?今やその姿を消しつつある丸栄ですが、その名残を地下で見つけました。 丸栄のロゴを残しつつ、モザイク壁画のように光るパネル。安河内敦子作、光り壁「木漏れ日」。この時計も、レトロでいい感じですよね~上部の照明も、合わせてデザインされています。まだしばらく、丸栄の名残りを感...
  • 上昇幅が拡大!?2019年愛知県公示地価
    19日に発表された公示地価で、県内の地価は住宅地では7年連続、商業地では6年連続の上昇となり、いずれも上昇幅が拡大した。宅地やオフィス需要が多い名古屋市都心部などでの上昇が顕著な一方、知多や東三河地方の山間部、海沿いの地域では下落しており、二極化が進んでいる。◆住宅地◆県全体の変動率は1・2%の上昇で、昨年に比べ上昇幅は0・5ポイント拡大した。地域別では、名古屋市が2・3%、尾張地方が0・9%、西三河地...
  • 新中日ビル、建て替え基本計画発表
    中日新聞社と子会社の中部日本ビルディング社は15日、名古屋・栄の「中部日本ビルディング(中日ビル)」建て替えの基本計画を発表した。新ビルは地上31階、地下四階で高さ約170メートル、延べ床面積は約10万3000平方メートル。現在の中日ビルの解体後、2021年初めごろに新築工事に着手し、24年度の完成を目指す。初公表の外観イメージによると主に商業施設が入る低層部、オフィスの中層部、ホテルの高層部が階段状に積み上がる。...
  • 平成31年度税制大綱、住宅ローン減税増税後13年間に延長!?
    平成31年度税制改正では、消費税増税による住宅市場の需要減少対策として、住宅ローン減税の適用期間を現行の10年間から3年延長し、13年間とすることが決まった。対象は31年10月以降に契約し、32年12月末までに引き渡された住宅やマンションに住民票を移して居住する人に限る。住宅ローン減税は、住宅を新築や増改築または購入した場合、毎年末の住宅ローン残高の1%を所得税などから差し引ける制度。(築年数等利...
  • 愛知教育大学附属名古屋中学校で見かけた、謎の黄色いゾウ
    地下鉄「砂田橋」駅の南にある、愛知教育大学附属名古屋中学校。ぼんやりと道路から校舎の方を眺めていると、むむ?そこには真黄色にペイントされた、やけに目立つ人物像がチョコンと。 靴や靴下までキレイにペイントされていて、妙にリアルな出来栄えです。しかも腰掛けているのは、もしかして金庫でしょうか? 色々と詳細は不明ですが、久しぶりに興味深い謎の像を見かけました。遠目でしか見えませんが、要チェックです。 珍...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ