• 平成30年公示地価・依然続く二極化傾向
    国土交通省が27日発表した公示地価(1月1日時点)で、県全体では住宅地が6年連続、商業地が5年連続でともに上昇した。名古屋市中心部などで進む再開発事業や、自動車関連産業を中心に景気が回復基調にあることが反映した。一方、知多地域の沿岸部などは下落が目立ち、二極化の傾向は依然続く。 住宅地では全調査地点の54%で上昇し、平均上昇率は0.7%(昨年比0.1ポイント増)。商業地は65%が上昇し、平均上昇率...
  • 1年中見れる淡墨桜!メモリアルセンターの大陶壁
    今年は桜の開花が早いみたいですね。そういえば先日の長良川メモリアルセンターで、ひと足早い満開の桜を眺めました。 幅22m、高さ9m、総重量約40tの世界最大級の陶壁です。岐阜県の根尾村にある淡墨桜をモチーフに、美濃焼を材料として作られました。1988年に開催された、中部未来博のシンボルオブジェとして制作された作品です。大陶壁の周囲は池になっていますが、この日はまだ水がありませんでした。 ちなみに背面は、桜...
  • 空に向けた巨大メガホン!?天と地の語らい
    長良川メモリアルセンターには、こんな不思議なモニュメントもありました。 大きなメガホンのような形状です。下部には、この形を逆にしたような小さなトゲトゲ。「天と地の語らい」という作品名でしょうか?言われてみれば、天の声を聞いているようにも見えますね。未来を拓く塔といい、ここには色々と考えさせられる作品が多いですね。 珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています今日はどんなブログが何位かな?...
  • 今この瞬間にナマ身でひらく!岡本太郎の未来を拓く塔
    岐阜まで来たので、少し足を伸ばしてメモリアルセンターへ。そうここには、以前には夜間ということもあり、じっくりと鑑賞できなかった・・・かの岡本太郎氏作の・・・「未来を拓く塔」があるのですから!この美しいフォルムを、間近でじっくりと堪能したかったのです。 色んな角度から見上げたい。見る角度によって、その表情が変わって見えるんですよね。未来は時の流れの遠いかなたにあるものではないいま この瞬間にナマ身で...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ