• 大高緑地・交通公園
    大高緑地内に入り、左手の一番奥にある交通公園。ここでは、ゴーカートに乗れるんですよ。(有料)ゴーカートコースには信号機や踏切もあって、交通ルールを覚えながら運転することがでします。ゴーカートの利用料金は、一人乗り100円、二人乗り150円です。またコースの内側は公園や広場になっていて、こちらで楽しむことも。懐かしいキャラクターに、出会うこともできました。 手軽に家族で楽しめる、お勧めの公園ですよ。...
  • 大高緑地・象&リス像
    大高緑地の片隅で見かけた、ほのぼのとした光景。そこには、象と・・・胡桃(?)を持ったリスの像が並んで。 この大小の対比と配置が、何だかいいですね。...
  • 水主町
    中村区名駅南にある難読地名、水主町と書いて「カコマチ」と読みます。この地名は新表示施行で消滅し、現在は交差店名のみとして残っています。でもこの交差点名は、意外と知られていたりして・・・ この地名は全国の城下町・港町に所在し、「水主衆(加子衆:水夫のこと)が集住する町」に由来することが多いようです。...
  • 小牧駅前アート
    名鉄小牧駅から、ラピオへと続くスペース。そこでは、いくつかの不思議なアート作品に出会うことができました。 パンドラ増殖Depth風のうた人-生きる-サイ個性的な作品が多く、見所が多かったです。 ...
  • 興正寺・聞き耳地蔵
    興正寺参道脇で見かけたベンチ。参拝者がひと休みできるようにと、配置されたのでしょうか。そして、このベンチの隣には・・・愛くるしい表情のお地蔵さんが。 なんとなく、ごめんなさい地蔵の表情に似ているような・・・そして両手は大きな耳に当て、愚痴聞き地蔵のようなポーズです。まるでこのベンチに座った人達の話に、聞き耳を立てているよ・・・と訴えているようです。勝手に「聞き耳地蔵さん」と命名させていただきました...
  • 興正寺・縁結びの木
    興正寺境内で見かけた、保存樹クロガネモチ。枝が途中で二手に分かれた、不思議な木でした。縁結びの木として、親しまれているようです。 この木の下にある「なで石」に願をかけて・・・三度なでれば、相手の心に通じるんだとか。思ったよりもゴツイなで石でした。 ...
  • 住宅ローン、競う独自色
    大手銀行の間で、他行と差別化した住宅ローンの商品設計や付帯サービスを競う動きが広がってきた。消費税増税前の駆け込み需要の反動で落ち込んだ住宅需要を喚起しようと、疾病保障の拡充や家事代行などを一体で提供。株高を背景に資産運用とセットで相談に応じる休日拠点を増やすなど、金利一辺倒だった競争が転機を迎えている。代表的な期間10年固定型の借入金利は、直近で年1.3%と過去最低水準で推移する。しかし、三菱東...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ