• 清洲公園・信長&濃姫像
    清洲城の対岸に位置する清洲公園。平成11年3月にリニューアルし、若い樹木に混じって枝を広げる古木が公園の緑を一層深くしています。園内の一段高くなっている場所には、織田信長公の銅像が。この銅像は織田信長公26歳の1560年(永禄3年)、「桶狭間の戦い」に出陣する姿を模した銅像で、桶狭間の方向を見据えているようです。平成24年の夏には、銅像の脇に濃姫像が移設されました。この公園は「始まりの地~二人の愛と希望の丘」...
  • 主要都市の地価、商業系地区を中心に約8割で上昇
    国土交通省は29日、主要都市の高度利用地地価動向を報告した「地価LOOKレポート」(2014年第2四半期)を公表した。対象地区は東京圏65地区、大阪圏39地区、名古屋圏14地区、地方中心都市等32地区の合計150地区。内訳は住宅系44地区、商業系106地区。当期(4月1日~7月1日)の全体動向は、上昇が120地区(前回119)地区、横ばい28地区(同27地区)、下落2地区(同4地区)となった。上昇地区が全体の8割を占めた。上昇120地区のうち...
  • 平成の竹取物語
    20年前に、中日新聞で紹介されたとのことです。クスノキの切り株から、なんと仏像が出現しました。 そんなことがあるんですね。 このことから、釈迦如来座像復古木と呼ばれているようです。見所盛りだくさんの山田天満宮でしたが、今回で最終となります。是非一度、チェックしてみてください。 ...
  • こがね稲荷大明神
    山田天満宮境内には、何と「こがね稲荷大明神」まで。結構小さいですが、お稲荷さんが祀られていました。金神社の銭洗いといい、商売繁盛・金運招福祈願にはダブルで効果がありそうですね。 ...
  • 方向祈願牛
    山田天満宮内には、更に「方向祈願牛」なるものが。ここは名古屋城の鬼門の方位に位置し、八方除守護神としても祈願され、 菅原道真公の方向祈願牛が祀られたようです。ちょっとわかりにくいですが、中央の円台には牛に乗った菅原道真像が。牛のお顔を祈願される方位に向け、鈴に願いをこめて道真公にかけ、道真公に向かって お参りすると、合格・成績向上・就職成就の願いが叶うと言われています。 これからの受験シーズンにかけ...
  • 愛知県の土砂災害危険箇所等
    愛知県は6割以上が山地丘陵地で占められ、地質的にも脆弱な風化花崗岩類・第三紀層が多く分布し、また中央構造線などの断層類もあり、土砂災害の生じやすい特質を持っています。これらの土砂災害により被害を受けそうな箇所は、愛知県土砂災害情報マップにてご確認いただけます。千種区の住宅地に土砂災害警戒区域はありませんが、急傾斜地崩壊危険箇所はいくつか点在しています。以下の要件を満たす崖を、急傾斜地崩壊危険箇所と...
  • 御嶽神社・よりそい石
    金神社の隣にあるのが「御嶽神社」。悪い縁をたち切り、良い縁に結ばれるといわれています。そして御嶽神社の前には、愛らしい「よりそい石」が。やさしく撫でると、良いご縁があるんだとか!? 結活中の男女には、見逃せない恋愛スポットのようですよ。...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ