• 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
    発売より少し経ちましたが、ようやく読破しました。 舞台の中心が名古屋ということもあり、いつも以上に臨場感があって。名古屋へ戻って旧友と再会するシーンは、かなりドキドキしながら読めました。 名古屋にお住まいの方なら、是非。【送料無料】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [ 村上春樹 ]価格:1,785円(税込、送料込)...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ