• 平成大仏から赤いオーラが!?八事山興正寺
    八事で少し空き時間ができたので・・・そうだ、あれから平成大仏は無事大仏殿に奉納されたのかな?と、夕暮れの興正寺へ。中門をくぐると、アレ?今でも、五重塔前に鎮座してるじゃないですか!しかも、全身が赤みがかってる・・・ 数年前は、こんなに黒くてツヤツヤしていたんですよ。それが大仏殿の延期につぐ延期で、長期間雨ざらし状態で・・・こんな全身赤い姿になってしまったのですね。これはこれで、味があるといえばあり...
  • 見る角度によって様々に変化!円空仏(微笑仏)
    不動産の調べ物で中川区役所へ。そこで見かけた、2対の像。円空仏(微笑仏)です。円空が彫った仏像の顔は、見る角度によって様々に変化する微笑みの表情が特徴です。鉈彫りによる素朴で大胆な作風のせいでしょうか、確かに色んな表情が伺えるのです。 これまで二千数百体が見つかっているという円空仏。どこかで見かけましたら、色んな角度から眺めてみてはいかがでしょうか?荒子観音には、数多くの円空仏が祀られているようで...
  • 甚目寺観音で要チェック!千体の地蔵様が奉られた六角堂
    甚目寺観音境内でもう1箇所チェックしたいのが、この六角堂。その名の通り、六角形の建物なのですが・・・この中には、何と千体ものお地蔵様が奉られているのです!六方向を向いたお地蔵様の足元、そして棚の上にもミニ地蔵様がビッシリ。それはもう、圧巻なのであります! 特に子供の育成を加護し、 学業成就、身体健康にご利益があるとのことです。子供とお参りするのに、ピッタリの場所ですね。 珍・B級スポット、名古屋情報...
  • 甚目寺観音で必見!閻魔王が鎮座する十王堂(脱衣婆も)
    甚目寺観音境内で見かけた、この建物・・・十王堂と言って本尊が閻魔大王、その他9人の王が奉られています。三途の川で衣服を剥ぎ取る、脱衣婆も。 いざ、建物内に入ってみると・・・そこには、ズラッと並んだ仏像(裁判官)が。室町時代に作られたという仏像は漆黒で、目だけがギョロッと白いです。悪を見逃さないという、視線の表れでしょうか。この手前で待ち構えているのが、脱衣婆ですね。 そして正面に鎮座するのが、第五...
  • 大須にも大仏があった!戦火に耐えた七寺の大日如来像
    人で賑わう大須観音のすぐ南にある七寺(ななつでら)。大須観音と打って変わって、こちらにはまったく人影がありません。そんな小さなお寺で、大仏を見かけました。 ここですよ、モクレンの木陰に・・・どっしりと鎮座する、銅製の大日如来像。そんなに大きくはありませんが、何とも言えない迫力を感じます。良く見ると塗料が流れ、まるで泣いているかのような表情です。そしてその身体には、銅版でいくつもの補修の痕跡が。背後...
  • 八事興正寺で勝手に名付けた聞き耳地蔵の名を返上・・・
    八事興正寺参道では・・・もちろん、私が勝手に名付けた聞き耳地蔵もチェックしましたよ~なにやら随分と衣装が増えて、肝心の聞き耳ポーズがあまりわからなくなっています。 そして、アレッ?以前はお地蔵さんの隣にあったベンチが、なくなっているではありませんか!これでは聞き耳を立てているようにはあまり見えず、「聞き耳地蔵」の名前も返上しなければなりませんね・・・しかし一体、隣にあったベンチはどこへ行ってしまっ...
  • 八事興正寺の平成大仏が未だ五重塔前に鎮座していた!
    八事まで出向いたので、少し足を伸ばして興正寺へ。以前は五重塔前に鎮座する平成大仏が見れましたが、そろそろ大仏殿も完成している頃なので・・・中門をくぐると、アレレ?未だ五重塔前に、どっしりと大仏が鎮座しているんですけど!? 牟尼殿の建設予定地を見てみると、以前のまま更地状態です。今の時期で基礎工事にも取り掛かっていないようでは、年内の完成は難しいのでは?とはいえ個人的には、この場所の方が好きだったり...

プロフィール

tanaka

名古屋市で写真撮影、インターネット・サイト運営の仕事をしています。
街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

月別アーカイブ